風景

【津軽旅行記】五所川原の街

津軽では、五所川原に宿泊しました。五所川原の犬糞看板写真は前回upしましたが、他にもてくてくしたので(※ホテルが駅から遠かったためてくてくせざるをえなかった)、その際の写真も。 ホテルはエルムシティというショッピングモールの向かいでした。エル…

鳥羽の水環境保全センターの藤棚公開に行くことができたよの巻

京都市では「蹴上のつつじ」に並んで二大水道局系お花イベントである鳥羽の藤。例年、観てみたいな~と思いつつちょうど忙しい時期に当たっていたりでなかなか行けず、ここ数年はコロナ禍で中止されてもいたのですが、今年はたまたまタイミングが合って初め…

万博建設予定地を見に行くの巻

先日、ふと思い立ち、例の万博建設予定地を見に行ってみることとしました。 南港から夢咲トンネルを通って夢洲へ入りました。 夢洲上陸は初めてです! ※これは10年以上前、当時まだ南港にあったzeppで The Birthday を見たときに撮った写真。シンプルすぎる…

疫病の風景(7)

前回は一年前でした。 あれから一年経ちました。 これは、去年のクリスマスに梅田で見つけた物件です。 クリスマスの何らかのオブジェ……と思いきや 検温するやつやった! モコモコの中の検温&消毒! こちらもいいです。 冷静に考えると日本語の意味がなんだ…

広島旅写真拾遺

広島行、パイロンと乳地蔵とシカの写真以外にもいろいろ撮ったので、まだupしていないものをupします。 ■ 厳島神社周辺(ベタ観光) 厳島神社周辺のお土産屋さんは、昔ながらの観光地という感じでよかったです。私はベタベタの観光地育ちであるためか、ベタ…

大阪おさんぽ:心斎橋・伊藤ゲン展→大阪七坂→一心寺

心斎橋OPAで、「伊藤ゲン展」を観ました。 フライヤーを見てなんか気になって行ってみたのですが、良かったです。 (※写真撮影可の展示でした) 展示されていたのは、静物や部屋の一部が写実的に描かれたシリーズ。静物はごく日常的で庶民的な食べ物たち、部…

丹波篠山にはじめて行ったよの巻

この季節、遠方への出勤には「青春18きっぷ」を使うのですが、いつも1回とか2回とか微妙な回数が余ってしまい、チケット屋に売り払うのも二束三文であるので、正月に日帰りでどっかお出かけしようとて丹波篠山を訪れました。丹波篠山は身近なはずなのに、京…

物集女~桂坂サイクリング

特に理由は無いんですが、普段あまり行かない物集女のあたりに行ってみようということで、自転車で行きました。 物集女は「もずめ」と読みます。向日市です。このあたりは由緒ありそうな地名が多くわくわくします。実際このあたりの歴史は古く、遺跡や古墳も…

新潟の夏のぬけがら

新潟を訪れたのは、真夏と夏の終わりでした。駅近くから漁協のマーケットから歩き、途中で暑すぎてムリになりレンタサイクルを借りました。 もっと早く借りればよかった……と思うたものの、プラプラ歩きながら「夏のぬけがら」的な風景をたくさん採取できたの…

42号線

春が来たら海へ 行こうじゃないか ♪ というわけで、春も何ももう真夏でありますが、42号線をドライヴしました。君の親父の車を借りて!(実際はレンタカー) ずっと雨or小雨だったので、台風クラブのあの名曲感はありませんでしたが、それはそれでまた良しで…

黒谷さんがアヒルちゃんを始めていたよ

先日、黒谷さん(金戒光明寺)に行ったところ、手水鉢いっぱいに紫陽花が浮かべられていました。最近、これよく見ますね。最初に見たのは柳谷観音楊谷寺のお写真だったと思います。紫陽花好きの私には眼に嬉しいです。 さらに、その周囲にはアヒルちゃんがず…

東京と京都の紫陽花おさんぽ

7月に入り、紫陽花の季節も終わりつつありますが――というか今年は暑すぎて6月上旬から既に7月の気分でいたので7月が2回来たかのようですが――、今年はあちこちで紫陽花を見ることができて嬉しかったので、写真をupします。 先日は、梅宮大社と天龍寺で見た紫…

会津旅記(9)塔のへつり

左様なわけで、湯野上温泉駅から会津田島方面へひと駅、「塔のへつり」へ参りました。 「塔のへつり」て名前が気になって、渓谷に奇岩がいっぱいあるということ以外なんも知らずに行ったのでしたが、有名な景勝地なんですね。 会津鉄道塔のへつり駅は樹々の…

会津旅記(8)会津鉄道、ねこ駅長、大内宿、無理ゲー蕎麦

会津街なか観光の翌日は、もう一日市中を散策するもよいかな?と思ったものの、思い切って会津鉄道で大内宿まで足を延ばしてみることとしました。 結果的にこれは、母も喜んで、大変よかったです。天候もよかったしね。 大内宿は自家用車が一番アクセスしや…

会津旅記(7)鶴ヶ城/会津の食いろいろ

さて、会津武家屋敷からまたも「あかべぇ」に乗り、鶴ヶ城へ向かいます。一日で主要な名所を巡る欲張りセットです。街なか周遊バスは、一周が約40分程度なので、上手く予定を組めば一日で市内一周が可能なのです(ただし終バスが早い)。 「鶴ヶ城入口」で下…

会津旅記(1)初めての東北

そんなわけで、先日、会津へ参りました。 母方のルーツであるところの会津に行きたいなあというのは長年母と言うておりまして、なかなか機会がなかったんですが、ちょうどよい季節に訪れることができてよかったです。実は、東北へ踏み入るのは人生初。京都か…

黒鳥居/元町高架下

そういえば珍しい黒鳥居です。黒いだけでちょっとハードボイルドでかっこいいすね。描かれている土台(なんかの函)も好き。隣に色違いもいます。 これは神戸の元町の高架下でして、レコ屋探索に行ったのですが、現在立ち退きが進められているらしく、ゾーン…

無料になっていた舞洲ネモフィラ園に行ったよの巻+その他

先日、初めて大阪・舞洲に行きました。 舞洲って電車の駅はないんですね。バスか自家用車でアクセスするしかないようですが、北港通をひたすら海へ走っていくと上陸できました。ただし現在此花大橋が通行止め、という連結詐欺(c: ナメちゃん)に遭い、常吉…

馬の十七年

先日、久しぶりに大田の沢へ行きました。 大田の沢とは、上賀茂の小さな神社・大田神社の傍らにあるカキツバタの群生地です。俊成の歌にも詠まれている古来よりの名所なのだとか。以前は季節になると行っていたのですが、盛りの時期は短く、昨今は時期を逃し…

小川雅章さん個展「Osaka Lonesome Road」を観たよ/南海電鉄汐見橋線に乗ったよ

ちょっと前のことになりますが、4月に、なんばのギャラリー・オソブランコさんにて催されていた、画家・小川雅章さんの個展「Osaka Lonesome Road」に行きました。 つい最近、ネットを通じて作品を知り「わああ~!」となっていたところへ個展が催されること…

京都の春の一日

京都にて諸々の用事を果たし、昨年度は年度末まで出し忘れていた(本来もっと以前に出すべき)書類をなんと年度初めに提出するなど偉業を達成しがてら、あちこち自転車で巡り春を愉しみました。 川端通り。七条・五条あたりは早咲きが多いのですがまだ咲き残…

年始の京都/妹と私

あけましておめでとうございます(今更)。1月の京都は寒くてつらいですが空気がピッとして風景が美しく見えるのは好きです。特に信仰心はないですが、あちこちの寺社が楽しげな雰囲気になるのもいいですよね。混雑はイヤですが。うろうろチャリに乗ったり歩…

最近撮ったなんということもないけど気に入ってる写真(京都・大阪・滋賀)

冬は寒けれですが空気が澄んで景色がきれいに見えるのがよろしいですな~。 最近撮った写真を、脈絡なく、いくつか。 京都。六原あたり。最近観光向けに整備されたんでしょか、このあたりの風景も変わりました。南天、千両、万両、赤い実のなる植物はなんと…

浮世小路と鳥居ちゃん

薄暗く細い路地裏、いかにもぴったりな鳥居ちゃんです。 ここは「浮世小路」。大阪ミナミの法善寺あたりをうろうろしていると、迷い込むことができます。 法善寺あたりはちょっと先斗町あたりを思わせ懐かしい感じ。 いつの間にか迷い込む浮世小路 細い路地…

桜ノ宮で旧・關西鐵道遺構を探索したよ

突然ですが当ブログで一番訪問者数の多い記事は、桜ノ宮ホテル街の記事です。 おそらく検索から訪れてくださっている人が多いのだと思いますが、特に役に立ちそうな情報もなく申し訳ないことです。2015年の記事なので、当時のホテルもずいぶんなくなったり改…

疫病の風景(5)

この状況も1年半以上になりました。 これまでの記事: 疫病の風景 - 京都ぬるぬるブログ2.0 疫病の風景(2) - 京都ぬるぬるブログ2.0 疫病の風景(3) - 京都ぬるぬるブログ2.0 疫病の風景(4) - 京都ぬるぬるブログ2.0 更新され続ける休業貼り紙です。…

今年の紫陽花さんたち

何度か書いている気がしますが、お花の中では紫陽花が一番好きです。 子どもの頃住んでいたアパートの近くに紫陽花の咲くおうちがあり、おさんぽのたびにいろとりどりのそらを観ながら、母にその花言葉を教えてもらった思い出ある花でもあります。初めて花言…

疫病の風景(4)

この度の緊急事態宣言下の街角。 ウイルス模様があしらわれた注意書き。ドアノブの危険性が視覚化されています。 2月、東京にて。はとバスのキャラがこんな姿に。この騒ぎでいろんなキャラがこういった姿にされましたよね。 応援してくれる駐車場。 目まで覆…

2020年のupしそこね写真供養

どうも年末です。 年末だからといってどうということもないのですが、なんとなく振り返りぽい記事を書いておこうと思います。 といって特別書くこともないので、これまで、「ブログにupしよかなと思いつつしてない写真、あるいは、するほどでもなかった写真…

疫病の風景(3)

前回の記事を書いたのは5月初頭でしたが、あれ以降いろいろ変わったなと思います。前回の所感では、「自粛しないやつ叩き」についての思いを書いていて、そう、この頃は「自粛」が絶対的善になっており「自粛警察」とかいう言葉も生まれていたのでしたが、そ…