風景

2020年のupしそこね写真供養

どうも年末です。 年末だからといってどうということもないのですが、なんとなく振り返りぽい記事を書いておこうと思います。 といって特別書くこともないので、これまで、「ブログにupしよかなと思いつつしてない写真、あるいは、するほどでもなかった写真…

疫病の風景(3)

前回の記事を書いたのは5月初頭でしたが、あれ以降いろいろ変わったなと思います。前回の所感では、「自粛しないやつ叩き」についての思いを書いていて、そう、この頃は「自粛」が絶対的善になっており「自粛警察」とかいう言葉も生まれていたのでしたが、そ…

花脊広河原まで行ったよの巻(花脊ぬるぬるブログ)

京都市といえば祇園、舞妓はん、というのがそのイメージでしょうが、実際は京都市はその多くを山間部が占めています。ということを意識するようになったのも、実は私もわりと最近だったりします。いや勿論知ってはいても、市街地に住みチャリと徒歩でうごう…

北の大地、パンクの思い出

そんなわけで、北海道に初上陸したのですが、最大の思い出は、「レンタカーがパンクしたこと」です。 高速を走っている間に突然車がボコボコいいだし、確認すると前輪のひとつがペシャンコに! 整備不良か、何か踏んだのか。なんとか高速を降りたところに駐…

五条高架下駐車場と東山山麓「ろの谷」

京都において国道一号線の一部は、五条バイパスとして東山区と山科区をつないでいるのですが、東山区側のその高架下がどうなっているのか、長年五条バイパスに親しんでいながら知らなかったのでした。 高架の上は東西を行きかう車で激しい交通量であるという…

美山かやぶきの里に行ったよ

ちょっと前のお出かけシリーズです。 なかなか行けなかった美山茅葺の里に行きました。 両親と行きました。 最近なかなか両親とゆっくり出かける機会もなく、休日が合ったかと思えば雨だったり、出かけたかと思えば必要な買い物だけしてすぐ帰らねばならなか…

疫病の風景(2)

前の記事: 昔、オウム事件のとき、ナンシー関がこんなふうに書いていました。 「ある週刊誌から『最近、オウム真理教がはやってますけど、どうしてだと思いますか』という質問をされた。『これ、はやってるってことじゃないでしょう』と言って断ったのだが…

スカスカ京都の春(2)白川、高瀬川、鴨川

週末の街は、例の自粛による閑散に加え、冬に戻ったような気温と雨で、なんとも終末感漂う週末でした。 あの雨で京都の桜も散ってしまったかな? そんなわけで、ひっそりと去り行くスカスカ京都の春を惜しみつつ残りの写真をupします。 まず、京都市内でも有…

スカスカ京都の春(1)疎水周辺

タイトルは「スカスカおせち」のオマージュです。 近年、地元民がまともに生活できないほどの観光客の増えっぷりを見せていた京都でしたが、まさかこの春、こんなことで、スカスカ京都になってしまうなんて……。 この時期は例年、自転車通勤をするにも普段の…

京都春の花点景

京都大学旧A号館(今の名前わからん)。合格発表翌日。 一条戻橋。 一条戻橋。一筋南から。 達磨寺。久々。十二支が可愛い。 有栖川。提灯がいい味。 梅宮大社。いろんな梅。 梅宮大社。いろんな猫(のうちのいっぴき)。

疫病の風景

街を歩くと野性のマスクが実ってました。 いつもレイアウトが不安な気持ちを喚起する京橋真実の口。 数日前。この頃はまだ「二人」だったんですね。 そんなこんなで疫病の騒動ですが、なんかもう、ネットニュースのコメント欄に並ぶ感染者叩きなんぞを見てお…

太郎のいる風景

農人橋歩道橋

夏のお花(ハーフ&ハーフ)

線路沿いのお花。 二色が半分ずつ入ってる子がいて可愛けれ。

五条大橋

祇園祭宵山の夜、五条大橋西詰からの風景。エモけれ。

京都堀川〜壬生徘徊

この間ひさしぶりに京都市内をチャリで徘徊しました。 堀川〜壬生あたりの、なんということもない写真をば。 神泉苑。終わりかけの紫陽花が西日を浴びていました。 紫陽花の向こうに池。 鯉塚と亀塚。 今日はあひるさんたちがいないな〜 と思ったら、奥の池…

きれいなところを見つけたよの巻

植物には詳しくないのですが、私は(パイロンや犬糞看板だけでなく)季節のお花を見るのも好きです。 春〜初夏は少し外を歩くだけで、民家の前や公園にいろんなお花が咲いているのを見られるので、気分も浮き立ちますな。 大阪、城北公園というところに、菖…

今年の京都の夜の桜

今年も、白川沿いの桜を少し見ることができました。 満開時の昼間は殺人的な人出で、風情もへったくれもありませんが、散りかけの夜は人も少なく、写真を撮ることができました。 散りかけもオツなものです。 昨今は、満開の頃がちょっとしんどくて、散り際が…

ホーチミンで見つけたお花いろいろ&夜のきれいなとこ

先日は主に、ホーチミンのごみごみしたところを撮った写真ばかりupしたのですが、今日はきれいな写真をupします。 まず、街中にお花が多いのがいいな〜と思いました。 南国なので、あまり地元(狭い範囲ですが)で見かけない植物があったり。 私は植物に詳し…

京都と大阪の桜

今年は、今年は何なのでありましょうか。 ヒノキ花粉の襲来と同時に桜がぶわっと満開になり、知らぬ間にぱっと散ってしまいました。潔すぎる! 例年満開になる頃には既に葉桜で、もうツツジまで綻んでいたりして、なんとも変な感じです。まだ4月上旬とは思え…

京都の雪と白パイロン

春の兆しと厳冬とが交錯する季節でございます。 諸事情あり、昨今は京都と非京都を往還する生活なのでありますが、非京都に在って京都の寒さが身に染みて分かりました。みんな寒い寒いというのを、「そうかあ、寒いのかあ」くらいに思っておりましたが、ホン…

秋だ!京都だ!古本まつり!

いつの間にやら京都の町は、赤や黄が美しい季節となっていました。 知らぬ間に気温もぐっと冷え込んでいました。 疎水に浮かぶ鴨ひとり。 お寺の中の黄金色。 疎水から東山を望む。 さて秋の京都といえば古本まつりであります。セックス&ドラッグ&古本まつ…

八分咲き哲学の道〜若王子〜左京区おさんぽ

哲学の道の疎水に花びらが散った風景が好きなので、去年に続き今年も行ってみたところ、満開の手前といったところでまだあの風景は見られなかったのですが、大文字のふもとをお散歩し左京区の空気を感ずることができたのでよかったです。 左京区には毎日のよ…

溶けかけ雪の清水寺とその周辺てくてく(後編)

前編より、雪の日の清水寺続きです。 清水寺の拝観券って、季節によって絵が違うの、ご存知でしたか? 実は私はこの日初めて知りました……。4ヴァージョンあるのだそうです。 まさにこの日にぴったりの、雪の清水の絵でした。 舞台から見下ろす京都の町は綺麗…

溶けかけ雪の清水寺とその周辺てくてく(前編)

雪の降った翌朝、ついったーで流れてくる美しい京都画像の数々に、「こういうのはネットで見るのが一番なんや……実際行ったらすごい人でうざいだけなんや……」と思いつつも、ついついうれしがりを発揮して清水寺へ行ってしまいました。 行ってみれば、世界各国…

今年の京都の桜まとめ

今年もなんだかんだで京都の桜の季節は終わりつつあります。 犬がいないと季節の変化に気付くのも鈍くなるようで、今年は、気づけば咲き、気づけば散っていた、という感じでした。 犬のいない春はなんとなく気が抜けたものではありますが、それでも見返すと…

pink

毎年ちょっと早めに咲くピンクさん。 お買い物に行くときに見たよ。綺麗な色だったよ。 ピンクとピンク

10月夏

10月はまだ夏の残りあり。

ピンクのお花とゴミ袋

毎年恒例、夏の名古屋でのお仕事に行っておりました。 今年は、雨が降ったり照ったりと忙しいお天気でした。 駅から職場まで、やや長い道を毎朝歩くのは少し厄介ですが、8月下旬は好きなお花が咲いているのが嬉しいです。 このお花が好き。 お食事中の方がお…

6月

道端 木屋町 水彩 少し水滴 裏口 高瀬川に いろんな色のあじさいさんといろんな色のドレス

忘れ傘

忘れ傘