変わり果てた姿になって虚無を掲げるパイロン

よく見るタイプの受難パイロンです。

ボロ切れのような姿になりつつ、なんかの棒を守っていますが……

 

f:id:kamemochi:20210929111731j:image

 

 

棒の先もまた、こんなありさまなのです。

 

f:id:kamemochi:20210929111736j:image

 

 

 

虚無の棒を掲げ続ける、もはやパイロンとは分からないパイロン。

各々に与えられた役目とは何なのかと考えざるをえません。

 

f:id:kamemochi:20210929111734j:image


圧力を受けるパイロン

数々の受難パイロンを採取してきた当ブログですが、その中でも有数の苦難の状況にあるパイロンです。

 

f:id:kamemochi:20211015151958j:image

 

f:id:kamemochi:20211015152009j:image

 

当初は理由あってここに置かれたのでしょうが、横に置かれた重り(?)と塀に挟まれ、下半分がほぼ崩壊しています。もう必要ないならここから出してやって!

 

「重り(?)」と書きましたが、この黄色い子もよく見ますね。正式名称はなんていうんだろう?と調べてみたところ、「クッションドラム」という名前であることを知り、勉強になりました。

 

 

 

 

再訪!ナゾのパラダイス!【後篇】

f:id:kamemochi:20211001104304j:image

 

 

淡路島にて15年ぶりに、思い出の立川水仙郷・ナゾのパラダイスを再訪! その記録の後篇です。前篇はこちらへ。

 

 

そんなこんなでこちら、かなり情報量(文字量)の多いパラダイスであり、館内の掲示物に全てじっくり目を通していると、おそらく数時間はかかるのではないでしょうか。そんな時間はないので流し見せざるをえないのが残念ではありましたが、心に残るものは諸々ありました。

 

 

「古く正しい」がなんかいいですね。


f:id:kamemochi:20211001104306j:image

 

 

なぜか思い出したように伏せ字。意味あるのか? (テレビで映された、とかでしょうか? それにしても…)

f:id:kamemochi:20211001104301j:image

「名竿目録」の上の漢字が読めないので、どなたか教えてほしいです。他にもいろいろ分からない言葉が……性の世界はマニアックです。

 

 

館内に「立川(たつこ)神社」があります。前もこの林立男根の中で研究室の人の写真を撮った記憶があります。


f:id:kamemochi:20211001104311j:image

 

 

 

神社なので「おみくじ」もあったんですが、すべて糊がベッタリ劣化して干からびていました……いつからここにあるのでしょう。誰も引いていないのでしょうか。

 

f:id:kamemochi:20211001104503j:image

 

 

館内にびっしりと貼られた「らくがき帳」には、格言(?)のようなものがレタリングされています。15年前に見覚えのあるものもありました。

その中で気に入ったものをいくつか。

 

 

自慰論争に一石を投じる格言。

 

f:id:kamemochi:20211001104256j:image

 

 

「九〇%の男は少し射精が早すぎる」。

 

f:id:kamemochi:20211001104317j:image

90という数字はどこから? 「少し」とはどのくらい? ……つっこみどころだらけであるにもかかわらずナゾの説得力があります。たしかにそうなのかもしれません。

 

 

これは意味がよく分からなかったのですが、自由律みたいでいいなと思いました。


f:id:kamemochi:20211001104259j:image

 

 

これは、後半が急に栄養ドリンクの宣伝みたいになるのが好きです。安心してのめます。

 

f:id:kamemochi:20211001104314j:image

 

 

このような、何らかの法則が書かれたものもたくさんありました。「エビデンス」とかいう概念をものともしない断定が、いっそすがすがしいです。


f:id:kamemochi:20211001104254j:image

 

 

文字と言葉があふれるその隙間に、文字通り「隙あらば」という感じでエロピンナップや春画が貼られているのも、パラダイスの特徴です。この、まるで空白恐怖のような空間レイアウトは、パラダイスの熱量に「アテられる」ひとつの要因であるとともに、子どもの頃作っていた壁新聞を思い出してどこかホッとするところでもあります(子どもの頃作っていた壁新聞を後日発掘してみたところ、空間の隅々までイラストや装飾で一心不乱に埋め尽くされていて、「昔の自分の情熱すげえ!」と思ったのでした)。

 

そんな中、不思議だったのは、かわいいコーギーのピンナップ。

道祖神にお供えするかのように置かれていたのですが……なぜ……。


f:id:kamemochi:20211001104454j:image

 

おそらく裏面(水着姿の女性の写真だった)を展示していたはずが、落ちて裏返っていただけとは思うのですが、それにしてもコーギーが可愛い……。あと、なぜこんなに紙がクシャクシャなのか、など謎が残ります。まさにナゾのパラダイスです。


f:id:kamemochi:20211001104501j:image

 

 

これもナゾのコーナーでした。

f:id:kamemochi:20211001104446j:image

 

背後のカレンダーはいつのものかしら。調べたところ、直近で2月7日が日曜日だったのは2016年ですが、もっと年季が入ってそうです。

 

 

やはりナイトスクープきっかけで有名になったようなので、ナイトスクープには感謝が表明されており、ナイトスクープコーナーもありました。しかし「スクープ」が「スプーク」になってしまっているという、天然のボケが素晴らしい……。


f:id:kamemochi:20211001104448j:image

 

小枝がまりちゃんの名を騙った色紙は額に飾られていました。有名な「あの声ベスト順位」パネルも健在でしたよ。

それにしても、ナイトスクープ、昨今全然観なくなってしまいました。あの頃はおもろかったですのう……。

 

文字系以外の展示では、裏返しの博多人形があり、初めて見たので、「深沢七郎の『秘戯』に出てきたやつやー!」と心の中で盛り上がりました。小説に出てきたのもこんな感じだったのかな、もっと凄みがあったんやろか……と想像するなどしました。

 

 

 

一定時間館内にいると、やはり何か、「パラダイス酔い」とでもいうのか、館内にこもる情熱と大量のエクリチュールともはやエロを超えたエロへの追求に、頭がクラクラしてきます。
外に出ると海へ続く景色は雄大で、咲き残った夏の花がきれいでした。

f:id:kamemochi:20211001104511j:image

 

 

また息を切らせながら坂を上り駐車場へ向かいます。

坂の途中には、水仙を歌った歌の碑も立っています。


f:id:kamemochi:20211001104451j:image

 

立川水仙郷は古くから水仙の名所であったというので、おそらく当初は普通に景勝地だったのでしょう。そこがいつから、どのようにパラダイス化されていったのか、その歴史を知りたいところですが、少し探した限りではネット上では情報は見つからずでした。誰か調べてないのかな。

なお、ナイトスクープ取材時に飼われていた動物たちはもういませんでした。

 

***

 

ところで今回は、お土産コーナーで土産を買いました。「これが一番人気ですよ」と性交体位四十八手てぬぐいを勧められましたが私が買ったのは……

 

 

カセットテープ!

 

f:id:kamemochi:20211001104458j:image

 

CDすら絶滅しそうというこのご時世に、いつからここに置かれているのかカセットテープは、どれもこびりついた埃(となぜか輪ゴムのカス)で表面がザラザラになっており、一度はスルーしかけたのですが、いや、ここで買わねば一生買うことはないかもしれん……と思い直し、比較的きれいなやつを選んで購入しました。500円。

 

 

袋がかわいい。


f:id:kamemochi:20211001104506j:image

 

 

 

10分のカセットテープなんて超ひさしぶりに見ます。

ラベルが一部剥がれているのも味わいです。


f:id:kamemochi:20211001104508j:image

 

 

ラクガキソング」とは「チンチン音頭」の別名だそうです。だそうです、といってもそもそも「チンチン音頭」が世に知られていないわけですが。歌詞カードには「チンチン電車のチンチンと発声してください」という意図の分からない注意書きがあり、「作詞・お客様のらくがき 作曲・乙井信一」とされています。庭のチンチン音頭碑には「作詞・東田宣学」とされていたのでクレジットが違いますが、お客さんの声を東田氏が詞としてまとめた、ということなのでありましょう。実際に「チンチンいっぱいうれしいな」という落書きがあったのかどうかは分かりませんが。「東田宣学」は調べてみると、館長のペンネームであると書かれているサイトと、館長のお父さん?とされているサイトがあります。乙井信一さんという方は、淡路島で音楽教室を開いておられるようで、歌もこの方が歌っています。

 

家に帰り、「このカセットテープ、そもそも再生できるんか……? テープが絡まったりしないか……?」とどきどきしながら再生してみると(我が家は未だカセットテープを再生できるのです)、再生できた……! しかし! 録音状態がめちゃめちゃ悪い!! 音がすげえ遠くで聞こえる!

何度も何度もダビングを重ねたのか、あるいはダビング機能を遣わずラジカセの前に別のラジカセを置いて録音……というやり方で複製されたのかもしれません。最後には停止ボタンを押す「……ブー……ブチッ」という音まで入っていて、テレビの前にラジカセを置いて歌番組を録音していた子供の頃を思い出し懐かしくなりました。

 

なんとB面はカラオケ入りという、これも懐かしの構成です。腕に覚え(何の)のある方は、買って歌ってみてください。


f:id:kamemochi:20211001104456j:image

再訪!ナゾのパラダイス!【前篇】

先日ちょこっとパイロンの写真などupしました、パラダイスの話の続きです。

 

15年ぶりに訪れた淡路島ナゾのパラダイス、15年ぶりに訪れてまず思ったのは、「こんなに険しいところだったっけ!?」。

駐車場から建物まで、急な坂をヨチヨチ降りて息が上がりました。もしや15年前に比べて体力がなくなった? いやそんなはずはない、リングフィットやってるし……。或いは前回は諸々衝撃すぎて、道の険しさどころではなかったのかもしれません。

 

 

坂を降りると「健康長寿観音」と書かれたポールが見えてきます。

 

f:id:kamemochi:20210923154313j:image

 

このポールはたしか……?

裏へ回ると……?

 

f:id:kamemochi:20210923154528j:image

見覚えのある形……そう、チンチン音頭碑でした!

誇らしげに聳え立つ「チンチン音頭発祥の地」。しかし、チンチン音頭なるものをおそらく誰も知らない。

碑の前に並ぶカラフルなオブジェも謎ですが好きです。カラフルさは、パラダイスをパラダイスたらしめる要素のひとつでもありますね。

 

「チンチン音頭」の歌詞が刻まれたナイトスクープ碑の横には、「UFO神社」も建っていました。パパたこ神社はなくなったけれど(思い出参照)、UFO神社は健在!


f:id:kamemochi:20210923154535j:image

 

狛犬でなく狛ガエルがいました。

f:id:kamemochi:20210925113057j:image

 

もしやこれが御神体のUFO……?


f:id:kamemochi:20210923183721j:image

 

 

UFO神社の向かいには、まがまがしいオブジェがありました。なんだこれ……記憶にないけど、前回もあったっけ?

f:id:kamemochi:20210925113100j:image

 

頭蓋骨、腕、脚……!なんで??  夜中に通りがかってしもたら(通りがかることはないとは思うが)絶対めちゃめちゃ怖い! それにしても、パラダイスではエロスとタナトスがいつでも隣り合わせですよね。

 

 

林立する碑のうち、ひとつが崩壊したまま残されていました。台風等災害の被害でしょうか。


f:id:kamemochi:20210923183718j:image

 

 

ここからさらに坂を降りていきます。

 

これが「健康長寿観音」かー。前回は存在に気付きませんでした。

f:id:kamemochi:20210925113105j:image

 

 

シーズンには水仙が美しいのであろう原っぱを抜けると、建物が見えてきました!

ここは15年前と特に変わりありません。「パラダイス」の文字、そしてやたらにでかい「トイレ」の文字に嬉しくなってしまいます。


f:id:kamemochi:20210923154322j:image

 

 

パラダイス入口の横には洞窟のような廃アーチェリー場が。ナイトスクープで小枝が遊んでいたところかな?


f:id:kamemochi:20210923154531j:image

 

 

入口です。ドキドキしますね。


f:id:kamemochi:20210930214241j:image

 

 

入ったところでこんにちはとかけると、おじさん(館長?)が出てきてくださり、入場料を払って入場。入場料も500円で変わっていませんでした。「15年前にも来たんです」と言うと、「そうですか、まああんまり変わってへんけど」とのことでした。

入口にR-18マーク(よく見る手の形のやつ)が貼られていましたが、これ前回はなかったよね? と思って今調べたら、あの標示は国家公安委員会によって2006年に定められたもんやったんですね。知らなんだ。ちょうど前回訪れたちょっと後のようです。

https://kanpou.npb.go.jp/old/20060424/20060424g00095/20060424g000950000f.html

 

 

入口を入ったところはまず細い通路。なんとなく、昔京都市動物園にあった「夜行性動物館」を思わせます(子供の頃、わくわくするけど暗くて怖くてよく泣いていました)。

通路の奥には「愛のあるセックスを求めて」が! おお、15年ぶり! あれから僕らは愛について何かを知ることができたのでしょうか。

 

f:id:kamemochi:20210923154326j:image

 

 

入ったところにあった何か。???


f:id:kamemochi:20210923154510j:image

 

 

前回京都人が名言を残していた色紙コーナーは、新しいものも増えていました。ラブラブぶりが窺えて羨ましいですね。ハートマークで終わる二行に挟まれた「短命でもイイ」がかっこいい。やはりパラダイスはエロス&タナトス


f:id:kamemochi:20210923154521j:image

 

 

頭上には毛占いがありました。自分の陰毛の毛質とか気にしたことなかったです。

f:id:kamemochi:20210925113102j:image

 

 

耳占い(「女性性器の出店」!)、オッパイ占いもありました。パラダイスは分類好きでもあります。

図も字もすごく良い感じですが、館主が自分でレタリングされているのかしら。


f:id:kamemochi:20210923183723j:image
f:id:kamemochi:20210923154513j:image

 

 

こちらは「理想的な男根」。タイトルがいい。

性機能よりもむしろ、持主の人格や地位に結び付けられている点が興味深いですね。


f:id:kamemochi:20210923154308j:image

 

 

「妻が浮気をしている時の態度」ですが、私の日頃の生態はほとんどの項目に当てはまる気がします。「時々思い出して身ぶるいをする」(する)、「睡眠にムラがある」(ある!)、「時々思い出して微笑する又寝言を云う」(めっちゃする!めっちゃ云う!)………「以上全て浮気している証である」 すごい断言や!


f:id:kamemochi:20210923154517j:image

 

 

前回来たときも、とにかく「文字量がすごいパラダイスだ」という感想を抱きましたが、その感想は変わりませんでした。こうした法則の体系や格言のようなものが館内にびっしり貼られております。


f:id:kamemochi:20210923154524j:image

 

 

これらの文書は、ユーモラスではあるのですが、性に関するものだからといってふざけた気持ちはまったくなく、一貫して真面目な気持ちで書かれたものであることが伝わります。この真面目さ、そして情熱、それがこのパラダイスの特徴であると思います。

 

たとえば、いつの情報かは分かりませんが、いくつかの場所に点々とエイズに関する情報が貼られているのも印象的でした。

しかしそれが貼られているのが、ナゾの獣(狸面人?)の壁画の上であるというこのアンバランス! これ、これなのです。

 

f:id:kamemochi:20210923154317j:image

 

(後篇に続く……予定)

 

 

まめ子16周年:濃厚接触と「犬を知った」こと

今年も9月がやってきて、まめ子来訪から16周年を迎えました。本犬がこの世を去り長くなりましたが、この日は永久に世界まめ子デーとして祝い続けたいと思います。

 

さてこの1年半ほど、「濃厚接触」という言葉を見聞きすることが増えましたよね。もちろんコローナのせいですが、この言葉、かつての我が家ではもっぱら「まめ子への度を越した接触」を指す言葉として用いられていました。フロントライン(ノミ・ダニよけの薬)を施した後はよく母が「まめ子への濃厚接触禁止!」という貼り紙を貼っていました。今回初めて正確な「濃厚接触」の使われ方を知り、「ぜんぜん濃厚違うやん」という感想を抱いています。

 

f:id:kamemochi:20210928002720j:plain

 

まめ子への濃厚接触は、ちゃんと濃厚な接触でした。思えば人生の中で、あんなに動物に「濃厚接触」した時期はまめ子のいた10年だけでしょう。犬の質量、犬の質感、独自の形と実質をそなえたものとしての犬を知ることは、まめ子との出会いなしにはなかったでしょう。このときに得た犬の感覚は、犬の生命が失われてもいつまでも自分の中に残っています。人間の記憶はあいまいなもので、その多くは言語に変換されて残るゆえにそれそのものをそのまま記憶するということは不可能かもしれませんが、それでもなお、ふとしたときに、感覚の原版(に近いもの)がフッと戻ってくるのです。

犬がいなくなってから、昨今ますます、触ったときの犬のむちっとした感じや、顔をうずめたときの腹の匂いや、抱き上げるときのふわっとした毛の感触を、独特の、他で得難いものとして、フッと思い出すことが増えました。夢にそうした犬の感覚の切れ端のようなものが現れることもあります(だいたい幸せな気分で目が覚めます)。私は実は基本的に動物が怖いので(子供の頃はずっと犬嫌いでした)、まめ子以前はそんなに動物とベタベタと触れ合ったことはありませんでした(あおむし除く)。下世話な、かつ少し官能的な慣用表現として「男(女)を知る」という表現がありますが、この語法でいうところの、まさに「犬を知った」という感じがします。道ゆく犬を見るだけで、抱き着いたときのもっちりした感じや脇腹のたっぷりとした感じが再生されるようになりました。

そんな犬の感覚を、日々湧き水のように享受できるのは、実に犬飼い時代の特権であったなアと思います。今は特に、よその犬への「濃厚接触」も憚られますものね。

 

 

ところで話変わりますが、先日、『聖なるズー』(濱野ちひろ著、集英社)という本の書評(というか感想というか)を書きました。

https://kyoto-academeia.sakura.ne.jp/book_review/id107/

「動物性愛」についての本なのですが、一見キワモノ的な本かと思いきやいろんなことを考えさせられる大変良い本でして、そんなことを書きました。この中で、「動物性愛」と「一般的な飼い主の愛」はどれほど違うものなのか、ということを書いたのですが(というと「いやいや…」と思われる人もあるかもしれませんが詳細はよければ書評を読んで下さい)、書きながら、まさにまめ子との、その独特の質量と質感を感じるふれあいを思い出していたのでした。

 

***

 

今年も写真をいくつか。

 

 

「濃厚接触」の例です。こういうとき、まめ子は常に一定の表情でした。

f:id:kamemochi:20210928014414j:plain

 

 

 

「濃厚接触」じゃない例。なぜかまめ子様が尻だけくっつけに来てくださったのでした。まめ子から来てくれたので嬉しくて何枚も写真を撮りました。

f:id:kamemochi:20210928014845j:plain

f:id:kamemochi:20210928014907j:plain

 

 

まめ子とぶたさんの濃厚接触です。

f:id:kamemochi:20210928014934j:plain