なんかちゃんとした鳥居ちゃん

大阪・京橋で採取。なんだかちゃんとした鳥居ちゃんです。 鳥居ちゃんは、とりあえず鳥居であることが伝わればよいという簡素な形のものも多いですが、この子は扁額まで備えています。 ゲロ多発の飲み屋街の入口に似つかわしくなく、あるいはだからこそでし…

平安神宮近くの小鳥居と小鳥居の中では大きな鳥居ちゃん

京都、平安神宮近くの建物です。 駐車場の脇に小さな鳥居ちゃんがあり、こうした新しそうな建物にも鳥居ちゃんがいるのって京都らしくていいなあ……と見ていますと、 植込みの中に、(小鳥居の中では)大きな鳥居ちゃんが! 小鳥居の中では最大級の鳥居ちゃん…

テーマを決めてチェンソの話をする(6)生姜焼き

ついにわれらのチェンソーマン最終巻(第一部)が発売されてしまいましたね。 周囲には、本誌でなく単行本で読む派の友人が多かったのでネタバレを自重してまいりましたが、これでやっと「生姜焼き!」とか「ヤバジュース!」とか言いたい放題で喜ばしいこと…

春の憂鬱と犬

春が来たようです。 毎年書いてる気がしますが、なぜだか犬のことが強く思い出される季節です。犬が来た季節でも犬が逝った季節でもないのに、ふしぎなことです。おそらく春のお散歩の記憶が強いのでしょう。 このタイプの人はよくいると思いますし伝統的な…

東京自己言及

東京では、わずかな間にやたら自己言及珈琲に出会いました。 私の好きな子たちはこの町にあったんや!て感じです。 池袋。理想的な自己言及珈琲、自己言及キャフェーです。赤いカップがお洒落。 店名が「カフェド巴里」という直球でした。 原宿。これもきれ…

鼻もあるまなざしちゃん

やはりまなざしちゃんは、手描きのものがバラエティに富んでいて好きです。 こちらは鼻と眉もあるまなざしちゃんです。 定型まなざしちゃんではないですが、「みてるよ」の台詞を伴っているのでまなざしちゃんと見なしてよいでしょう。

東京で会ったまなざしちゃんたち

東京でも、まなざしちゃんたちをいくらか採取しました。 まず、隈取りちゃんに出会いました。 以前ちょっと調べたところ( https://maternise.hatenadiary.jp/entry/2020/02/21/124809 )によると、東京が隈取りちゃんの発祥の地? と思われますが、実際どう…

東京駅もれパイロン/排除パイロン/はとロン

先日、ピンポンダッシュではありましたが東京へ参りました。 新幹線を降りたところで駅もれに遭遇。首都の玄関口の駅もれです。 漏れバケツと傍らに寄り添うパイロンがグレーがかったブルーでコーディネートされており、さすが東の都はスタイリッシュです。 …

冬恒例・落とし物ロン

冬恒例、落とし物係を務めるパイロンです。 背後の大阪市廃止投票貼り紙が不穏ですが、微笑ましい光景です。無事、持ち主のもとへ帰っているといいです。 これまでの類似パイロン: maternise.hatenadiary.jp maternise.hatenadiary.jp maternise.hatenadiar…

色違いの乳

昔、「こ、これは乳ー!」と思って買うたやつの色違いを見つけました。ロングセラーなのですね。乳っぽさのおかげなのでしょう。 前回紹介した子はセクシィでしたが、この色合いも、春っぽくて好きです。

黄色い自己言及珈琲

心斎橋で黄色く光っていた自己言及珈琲です。お洒落自己言及ですね。 自己言及珈琲は、シンプルであればシンプルであるほど(記号的であるほど)好きなので、これはかなり好きな部類です。 これで、「coffee」が「コーヒー」であれば更に好きでした。

切支丹遺蹟博物館など

そんなわけで先日名古屋出張だったんですが、東別院あたりの地図を見ているとふと、「切支丹遺蹟博物館」との文字が目に入り、調べてみるとお寺の中にあるというので、「なぜ寺にキリシタン?」と気になって行ってみました。 このあたりは東別院・西別院を中…

中区のまなざしちゃん数種

出張で名古屋へまいりまして、こんなご時世なのでたいした観光はできなかったのですが、名古屋東別院近辺をうろうろし、まなざしちゃんを多数採取することができ幸せでした。 こういう「なんでもない道をうろうろして貼り紙とか見つける」時間が、自分は最も…

しゃちほこ犬

名古屋の犬糞ステッカーです。 ずいぶん自由な姿態の犬であるなア……と思ったけど、しゃちほこってこと!? さすが名古屋。 犬のむっちり感とミルクティー色のぶちが好みです。「建物周りでさせないで」の文字はおそらくオリジナル。犬にかぶっちゃってるし、…

東別院の喫煙所

名古屋、東別院です。 本殿の傍らに「喫煙所」の看板。 写真では分かりにくいですが、白地に堂々たる文字の看板は遠くからよく目立って、まるでこの立派な建物全体が喫煙所のよう。 近づいてみるとささやかなスペースでした。 しかしたしかに法要やお参りの…

われらの吉田節分祭振り返り(後篇)

前篇は、節分祭の思い出というか酒の思い出でしたが――それもまた祭の姿なのでしょうが――最近はちょっと落ち着いて、祭そのものの情緒や、吉田神社という神社も楽しむようになりました。(そういえば、講談社メチエの『吉田神道の四百年』、だいぶ前に読んだ…

われらの吉田節分祭振り返り(前篇)

ここ何年か、「日ごろ集わない仲間たちと節分に吉田山に登る」のが年一の恒例行事となっておったのですが、今年はさすがに集わない方向となり、淋しい限りです。 毎年この季節になるとぐっと冷え込む左京の夜に、吉田神社本殿に参り、大元宮まで登り、どて焼…

テーマを決めてチェンソの話をする(5)10巻とモルカー

2021年はチェンソーマン10巻で幕を開けましたが、皆さま、ご無事でしょうか。私のもとには、「読んでいた妻が突然号泣嗚咽し始めた」などの情報が入っております。赤が効いた正月っぽい(?)表紙、美しかったですね。ですね……。 10巻は、中二病心をくすぐる…

『熊・クマ・羆』

ここ数年、三毛別羆事件のことを考えたり(あねの影響)、金カムを読んだり(あねの影響)、クマ牧場に行ったりとなんかクマづいていたところ、父が若い頃に買ったというクマ本を貸してくれて、なかなか面白かったです。 ●『熊・クマ・羆』林克巳 著、十勝毎…

シンプルイズベストまなざしちゃん

ごくシンプルな、記号的まなざしちゃんです。 必要最小限の線で描かれたという感じですが、それでも、「空き巣・侵入窃盗を監視する目」ということが伝わるのですね。シンプルさが却って呪術的雰囲気を醸しているようで、好きなまなざしちゃんです。 一帯の…

別窓のまなざしちゃん

これはなんか好きなタイプのまなざしちゃんです。 シンプルながら、きらりと光る瞳の様子がいいですし、ワイプで抜かれた風というか、別窓みたいになってるデザインも好きです。 「あきまへんで」も効いてますね。

立入禁止隈取りちゃん

立入禁止パイロンとともに配備された、隈取りまなざしちゃんです。 隈取りまなざしちゃんについては、何度かupしていながら、あまり惹かれないのですが、これは地下への入り口というちょっとわくわくシチュエーションに配備されている点で、隈取りちゃんの中…

スワーン

何かの建物の入口に貼られていた、愛煙家へのメッセージです。 大阪府禁煙サポーター、その名も「スワーン」。 こんな奴、はじめて知った……。普及してるんでしょうか。 「吸わん」と「スワン」をかけるならそのまま「スワン」で良さそうなものですが、スワー…

車両侵入抑制装置

「変なもの」カテゴリに入れましたが別に変なものではありません、むしろ何の変哲もないよくあるアレなんですが、「車両侵入抑制装置」というものものしい名前がついている! 知らんかった! 思わずときめいて撮りました。 「装置」という語のイメージから想…

私を注意書き看板好きにした看板

冬空の京都。 京都市内でよくある、小さなお寺の裏の路地です。ここを入っていくと、お寺の塀沿いに注意書き看板があります。 ✕ らくがき ✕ ボールなげ こっちはレイアウト違い。 子供の頃、よくこの路地を、祖父に連れられて通ったのですが、そのたびに 「…

ガシャポンの地蔵パイロン

「地蔵パイロン」のガシャポンがあったので思わずひとつやってみました! 黄色い子が出ました。 家のいろいろ飾り棚に置いていますがなかなかの存在感です。 こんな感じで6種類のカラーバリエーションがある模様。 これはどれが出ても嬉しい、良いガシャポン…

玉座のパイロン

大阪堂島の周辺は、素敵な近代建築がたくさんありますが、この橋の装飾も素敵です。そしてそこに、玉座に座るがごとくなぜか鎮座するパイロン。 てかこの写真、撮ったのはだいぶ前(2020年2月頃)なのですが、upするのを忘れていたのでした。このとき、↓のポ…

シンプルな注意のパイロン

シンプルなメッセージを結わえられたパイロンです。 そっけない字の感じも良いです。 後姿がエプロンみたくなっているのも可愛いです。 それにしても何に対する注意を促しているのでしょう。 扉が開いて地蔵が攻撃してくる? (※ 足元の石が不安定なのだと思…

雨もれvs雨もり

JR京橋駅で発見。 みんな大好き駅もれの際に使われるパイロンでしょう。字の色が雨っぽくてよいです。 こちらも同様。しかし先と表記が違います。こっちは「雨もれ」。 「雨漏り」のほうが日本語としては一般的な気がしますが、たしかに「液漏れ」「尿漏れ」…

2020年のupしそこね写真供養

どうも年末です。 年末だからといってどうということもないのですが、なんとなく振り返りぽい記事を書いておこうと思います。 といって特別書くこともないので、これまで、「ブログにupしよかなと思いつつしてない写真、あるいは、するほどでもなかった写真…