メッセージ・落書き・絵馬

2020年のupしそこね写真供養

どうも年末です。 年末だからといってどうということもないのですが、なんとなく振り返りぽい記事を書いておこうと思います。 といって特別書くこともないので、これまで、「ブログにupしよかなと思いつつしてない写真、あるいは、するほどでもなかった写真…

大阪の 橋に貼られた 七五調

あれはまだ梅雨入り前だったでしょうか、十三から梅田へ行く用があり、いつもなら阪急電車に乗るところなのですが、晴れて風もあり気候が良かったので、ちょっと歩いてみようとて十三大橋を渡ったのです。 十三大橋上は、風は強いが景色がきれい。対岸はビル…

夏草の中の連絡まつ村とマタワレ感試論

先日、淀川沿いを歩きました。 淀川から梅田方面を望んだ写真ですが、緑の向こうに聳えるゴン太がなんともいえませんね。 と、それはいいのですが、土手の上から道路へと橋を渡ろうとしたとき、橋の柵に人の顔が浮き上がっているのを見つけたのでした。 なん…

ホーチミンの街角写真いろいろ

今回の旅行、最初はホーチミンに着き、街をぐるぐると歩きました。 ホーチミンの街は、植民地時代の名残か西洋風の部分とアジア的な部分が混在していました。 そしていろんなものがカラフルで、カラフル好きの私は歩いてるだけで楽しかったです。 驚かされた…

なんかかわいいグラフィティ

路上グラフィティ文化にあまり馴染みがないからか、デザインの良しあしがよく分からないのですが、東大阪にて、なんか可愛いやつを見つけました。 おめめの表情が全部ちがう! 一番下の、閉じてるやつが好きです。 貼られてる土台の看板もイイ感じですね。

御堂筋イルミネーション絵馬

日本橋に行った帰り、クリスマスイルミネーションでキラキラしていた御堂筋を、なんばから淀屋橋まではるばると歩きました。 なんばから心斎橋までは桜並木のようなピンク、心斎橋から本町までは冬らしい白とブルー、本町から淀屋橋まではあたたかな橙、とく…

年末年始絵馬大会

こんなものは年越し前に放出したかったのでありますが、昨年末に採取した縁切り絵馬をupいたします。 年末、友人一家と会い、少し大きくなったお子さんとも久々に会うことができて楽しく過ごしました。 しかしその待ち合わせ場所は「縁切り神社」。 いきおい…

宇治(2) 橋姫神社の新しい立て札

「橋姫」にはいろいろな伝承があるようですが、宇治の橋姫神社も、縁切りの神様です。 以前にも書いたのですが、橋姫神社には忘れがたい思い出があります。 あれはもう15年ほど昔のことになりますが、私がひとりで宇治を訪れたとき――曇天で時は夕刻に差し掛…

春の縁切り絵馬大会

3月末の、まだ咲き初めの美しい桜。 しかしこれは件の、縁切り神社に咲いた桜でございます。 縁切り神社にも桜は咲くのでございます。 縁切り神社、いつの間にかえらい人気神社になってしまったようで、例の縁切り碑の前には、何かと縁を切りたい人が長蛇の…

輿の輿

ちょっと前のことになりますが、久々に縁切り神社に参りました。 しかし! 何があったのでしょう。 あの縁切り碑の前に長蛇の列! すなわち、あの穴をくぐる順番待ち列ができていたのです。 更に衝撃だったのは、その列の中にこのブログを読んでいる方がいた…

朝から絵馬4枚!

タイトルは、 「ひっこし! ひっこし! さっさとひっこし! 朝から布団4枚!」 へのオマージュです。我が家も目下ひっこし中なもので…… さて、そんなことはいいのですが、久々に縁切り神社です。 絵馬ファンのみなさま、おまたせしました。 縁切り神社には、…

絵馬自傷 #後篇

↑ 楽しくねえよ!! ……とおもはずつっこまざるをえない昨今。 昨夜は途中までupしたところで力尽きました。 では、続きです。 【ジャブ】 本日も軽いジャブからまいりませう。定番絵馬です。 定番なんですが、さりげない倒置法などぐっときますね。 「縁」が…

本日の絵馬自傷

台風の翌日、縁切り神社を訪れました。 境内の其処此処に前夜の暴風雨の爪痕はうかがえたものの、絵馬は、多少泥の飛沫の散っているものはあれどおおむねきれいで、ああこの神社はひとびとの願いがこめられた絵馬を、ほんとうに大事に扱っているのだなあ… と…

Be loved

海辺の公園にて。なかなかの名フレーズ。 【採取地:京都府宮津市】

年末縁切り絵馬今頃放出

去年の12月にですね、友人たちと、縁切り神社・安井金比羅宮に行ったのでございます。 その友人たちの中に、当時つきあい始めてしばらく経った頃のカップルがおり、「だ、大丈夫やろか……」 と言いながら訪問したのでありましたが、この度!そのカップルの婚…

吸血器

夜道に輝く吸飯器 【採取地:京都市西大路】

縁切り絵馬・秋の収穫祭

冬の風が吹き始め、紅葉も終わりかと思われる昨今、久々に縁切り神社こと安井金比羅宮を訪問いたしました。 以下、なるべく淡々と紹介いたしたくおもいます。 まずはかわいいのを。 アニメ界の現状を憂える絵馬。エヴァでは日本は救えない! 「人のためにや…

今の日本

有刺鉄線の下、今の日本じゃつらいのかな? 【採取地:大阪天王寺】 つらいねえ。

対策

自転車泥棒が近隣に出没するらしいので、 対策を施しました。

絵馬蔵出し(4)

絵馬シリーズも4回目となりました。 縁起がいいので、今回で完結ということにいたしませう。 ところで今日大学に行ったところ、壮大な無駄工事が行われており、呆れました。 aicezukiどころではないのではないでしょうか。 では、いってみましょう。 なぜア…

絵馬蔵出し(3)

暗黒絵馬祭り、更に続きです。 今日もヘヴィーです。胃もたれにご注意を。 前回: http://yaplog.jp/maternise/archive/438 前々回: http://yaplog.jp/maternise/archive/437 まずはいきなり裏表両面にわたる力作をば… 表 さらに愚痴はとどまるところを知ら…

絵馬蔵出し(2)

今週末はずいぶんと春めいて、沈丁花のつぼみやほころびた梅に出会うことができました。 そんなうららかな日に何が悲しくてそんなことをするのか分からないが、引き続き、絵馬写真をupしておきます。 前回分はこちらです →絵馬蔵出し(1) まずは妻からの願…

絵馬蔵出し(1)  N田さん&Tくんへ

以前にどこかにupした気もするのでご覧になった方もおられましょうが、リクエストがあったので、これまでに蒐集した絵馬を蔵出し再公開いたします。 これらはラブホテル街に佇む縁切り神社、安井金比羅宮で5年ほど前に採取したものです。 「■■■子(35才)(…

Younger Than Yesterday

今年の夏の終わり。 もうプールともお別れか……とたそがれてたら、水泳部に渡された荷物札にメッセージが。 なんというか、ありがとう。

旅写真 ――フレンチ・グラフィティ

パリは、花とゴミとスリの都でした。 それまで、ドイツとスイスの田舎町を観光してきたわたしたちが、TGVでパリに降り立って口々に発したことばは、 「汚っ!」 ということばでした。 パリの記憶はとかく、人(スリ含)が多くて疲れたこと、町が存外汚かった…

旅写真 ―die Autobahn

今回の旅行のほとんどの時間は移動時間だったのですが、それでも、車窓から色々と面白いものが見えました。 たとえば標識。ドイツ−スイスの標識は、オモチャめいたデザインでかわいいのです。 ロマンティック街道沿いには、こんな目の覚めるような黄色も。延…

【本日の感慨】 いや、むしろ、男は女のミューズなのだ、といった女性芸術家は誰だったでしょうか。 そのとおりと思います。 ___ それとはまったく関係ないのですが、以下は、路上に書かれた「男」印です。雨に濡れてもしつこく男っぷりを主張しています…

怒りのタイミング

モトモト怒りっぽいというか些細なことですぐカッとなる性質なのでありますが、きょうは久々に手が震えるほど怒りましたよ。そんな怒るんはまめ子が石を投げられて以来です。形は違うがどちらも立派な暴力だ。 ちうわけで怒りについて。 わたしはだいたいい…

美御前社再訪

ときどき当日記本文中に 「商品がありません」 というなぞの文字列が現れているのは、ヤプログの商品紹介機能の不具合であって、本来ならここに書籍などの紹介が入っているのです。 と、誰にともなく主張しておく今日この頃です。 ____ さて、空前の自分…

歳末情念大バーゲン★怨念絵馬コレクション大放出

インターネット・エクスプロラ 7.0 を導入しました年末です。 昨日は、各地に散ったかつてのなかまたちと会合を持ちました。 お酒を飲んだ後、祇園散策に繰り出したわたしたちは、なぜか夜の縁切り神社を訪うことになりました。 ラブホテル街のネオンに照ら…