看板・貼り紙系

四白眼まなざしちゃん

かなり理想的なまなざしちゃんに出遭いました。 一切の余分なものを取り去ったシンプルまなざしちゃん!! 見事な四白眼です。瞳の光が一切無いにもかかわらず強力な見つめ感を与えてきます。かっこいいね。 ここは紅葉の名所の吊り橋。ドラマの舞台に使われ…

新潟の夏のぬけがら

新潟を訪れたのは、真夏と夏の終わりでした。駅近くから漁協のマーケットから歩き、途中で暑すぎてムリになりレンタサイクルを借りました。 もっと早く借りればよかった……と思うたものの、プラプラ歩きながら「夏のぬけがら」的な風景をたくさん採取できたの…

信濃川のよい看板

信濃川のよい看板です。なんか気に入った風景です。 周囲のものものと比較してなかなかの巨看板であることがお分かりいただけるかと思います。 ここはお舟が通るのですね。お舟から視認しやすい大きさにされているのでしょう。 ところで「水門」という言葉を…

気に入った高速道路の表示(トンネル連続)

車を運転しないため、高速道路に踏み入るのは人に乗せてもらうときか高速バスに乗るときのみで、たまに高速道路を走ると物珍しくて見るもの見るものに「わわ~!!」となります。ドライバーの皆さんは毎日見てるものばかりでしょうけれど……。 とはいえ高速道…

類似とやさしさ

あまりこれまでupしてませんが、「歯医者の看板」「耳鼻科の看板(特に動物系)」「眼科の看板(ちくしょう目医者ばかりではないか)」なども好きなもののひとつです。 ひさしぶりにインパクトあるやつを見つけました。 ……!? にてるね、と同意を求められる…

会津旅記(7)鶴ヶ城/会津の食いろいろ

さて、会津武家屋敷からまたも「あかべぇ」に乗り、鶴ヶ城へ向かいます。一日で主要な名所を巡る欲張りセットです。街なか周遊バスは、一周が約40分程度なので、上手く予定を組めば一日で市内一周が可能なのです(ただし終バスが早い)。 「鶴ヶ城入口」で下…

会津旅記(5)東山温泉にネパール博物館!?/盗まれた熊鈴

会津旅記、続きであります。 飯盛山を降りたわれわれはふたたびバス停「飯盛山下」からあかべぇに乗り、東山温泉のほうへ。バス停には修学旅行生たちがいて、バスが時間通りに来るのかをやたら不安がっておりかわいかったです。昔は中高生の集団なんてうざい…

会津旅記(2)七日町~阿弥陀寺

さて会津若松に着くともう17時頃でしたが、5月の17時台はまだ明るく、いざ街歩きへ。 観光案内によると、七日町通りに観光客向けの雑貨屋さんや飲食店が並んでいるようで、母がお店を覗きたいと言うので、夕食を探しがてら街を散策することとしました 白虎通…

口調の柔らかい禁止貼り紙

終助詞付きの禁止を二件見つけました。 「駐輪禁止ですよ」 「自転車おりてね」 終助詞があるだけで妙に優しげになりますが、一見優しげかと思いきや「罰金2万円」と念を押してくるところがドスがきいてます。 「駐輪禁止ですよ」は、どこかにこういう素材が…

疫病の風景(5)

この状況も1年半以上になりました。 これまでの記事: 疫病の風景 - 京都ぬるぬるブログ2.0 疫病の風景(2) - 京都ぬるぬるブログ2.0 疫病の風景(3) - 京都ぬるぬるブログ2.0 疫病の風景(4) - 京都ぬるぬるブログ2.0 更新され続ける休業貼り紙です。…

子どもの頃こわかった類の看板

豊中市、阪急沿線で見つけた看板です。いつのものか分かりませんが古そうです。 子どもの頃、こういう看板が怖かったのを思い出しました。 私は幼少の頃、とにかく怖いものが多い子供でして、お風呂のタイルが怖い天井の木目が怖い近所の家の硝子に映った魔…

人生のともだち

カラオケ屋さんの看板。 これも「雰囲気五線譜だ!」と思って撮ったんですが、キャッチフレーズが素敵ですね。まさにまさに。(※なお「雰囲気五線譜」の概念はこの本で知りました。)

プチ十三ファンダンゴ/雰囲気五線譜

久しぶりに十三を通ったので、2年前に移転したライブハウス・ファンダンゴ跡地に行ってみました。 すっかり更地になっており工事中でした。あの建物は跡形もなく、少しさみしい気持ちになりました。 しかし!近くの淀川大橋のたもとで、プチ・ファンダンゴを…

私を注意書き看板好きにした看板

冬空の京都。 京都市内でよくある、小さなお寺の裏の路地です。ここを入っていくと、お寺の塀沿いに注意書き看板があります。 ✕ らくがき ✕ ボールなげ こっちはレイアウト違い。 子供の頃、よくこの路地を、祖父に連れられて通ったのですが、そのたびに 「…

2020年のupしそこね写真供養

どうも年末です。 年末だからといってどうということもないのですが、なんとなく振り返りぽい記事を書いておこうと思います。 といって特別書くこともないので、これまで、「ブログにupしよかなと思いつつしてない写真、あるいは、するほどでもなかった写真…

鴨川犬看板、等間隔パイロン、川のなかまたち

鴨川を朝に散歩しました。 鴨川犬看板です。おそらく既にupしていないはずはないと思うのですが、もはや何をupしたかしていないか覚えていないうえ、読んでる人も覚えてないと思うので構わないこととします。 鴨川をうごうごし続ける生活の中で、見慣れすぎ…

寺町通りのちびパイロンと怒るおじさん

京都市です。 寺町通りの老舗の横、ちびパイロンが三体、かわいく並んでいました。黄色はちょっと珍しいですね。 近くで見かけた貼り紙。 ちょっとねこぢる漫画に出てきそうなこのおじさん、一見やばい人っぽいですが、文脈的には不法投棄に怒っている側なの…

晋三のある風景(4)

・大阪市内。2019年10月。維新vs晋三。 ・京都市内? 2019年4月。 ユニオンジャックと日本の明日を切り拓く。 ※過去の晋三群: maternise.hatenadiary.jp

ニュータウンの花に尿をかける犬看板とその他

洛西ニュータウンにて。 いつのものかしら? 年季の入った犬糞看板を採取。 汚れ方も含め、いいですね。 飼い主の女性やお花の描き方(はっぱがハート型!)など、子供の頃(80年代)によく目にしたイラストのタッチを思わせます。 この周囲には他にも微レト…

なんかかわいい困り看板

字体・文言ともになんかかわいい看板です。 最近気づいたけど自分は、「補助動詞漢字で書いてる看板フェチ」でもあります。 【採取地:大阪市】

小便禁止パイロン

環状線のガード下、飲み屋さんが並ぶ裏側でひっそりと、超エエ感じのパイロンたち。 【採取地: 大阪 鶴橋】 黄色パイロンたちもいいんですが、なんといっても「小便スルナ」の貼り紙が効いています。 字体の感じも良いし色も良い。鳥居といえば、昔ナメちゃ…

控えめなグッドデザイン賞

「うんち」 の 「う」 の点に創意工夫がみられる優れたデザインの貼り紙です。 文面が妙に控えめな点、異様に地面に近いところに貼られていてせっかくのグッドデザインなのに通行人の眼にはほとんど入らない点、なども好感度高いです。

自販機の灰皿と不穏な貼り紙

缶ジュースの自販機が並ぶ中、ぶらさげられた灰皿(たぶん)。 今どき珍しい光景だったので撮りました。街角で喫煙、なんて風景滅多に見なくなりましたね。 日本橋のこのあたりの路地裏は、老舗「五階百貨店」はじめ古い商店が残り、少しごみごみとした中で…

謎の動物のりもの工事看板

淀川沿いでちとふしぎな工事看板を見つけました。 建築会社の看板は至るところにありますが、これらはなぜか、各種注意喚起文言に動物顔の乗り物イラストが添えられています。 おサルタクシーの「立入禁止」 と 犬トラックの「工事用車両出入口」 特に犬トラ…

超いい感じのガード下

都島区を散策していたらば、超いい感じのガード下を見つけました。 そこはかとなくレトロなフォント。上段と下段で字体が違うのもよい。 「ガード下をきれいに」というシンプルなメッセージ(だが実際なかなか実現されない)もよい。 「厳」が「嚴」なところ…

学とその残骸

こちらも廃校になった小学校にて。 なぜか「通学路」の両端が落ちて、学だけが残った看板です。新たな記号のようでいい感じだったので撮りました。 通も路もなくなっても学ぶことは残る、そんなメッセージでしょうか。(下には禁止マークがありますが。) 一…

椎茸殲滅

近頃タテカン問題で揺れる京大ですが、センター試験の前に百万遍を通ったらば、草間彌生みを感じる椎茸殲滅看板が(交差点の一番目立つところに)立てられていました。 何なのか?? ネットで検索したところ「『椎茸殲滅』という看板が立てられている」とい…

五階

大阪日本橋には少し古びたイイ感じの看板が並ぶゾーンあり。 その中でもひと際イイ感じの建物、三階建てなのに五階。 こちらは、八階くらいあるのに五階。 wikipediaによると、「五階」とは五階建てのことでなく、往時存在した眺望閣に由来するこの地域の通…

都会の改札口

上野の改札口に貼ってあった貼り紙。 「ご事情をお伺いします」のすぐ横に赤で 「きっぷをもう一度探してください」 とあるのが面白かったです。 おそらく、都会の改札口では毎日、「切符失くしましたうわああああ」とパニック状態で訪れる人が絶えないので…

上野の目の死んだパンダ

上野には、とにかくパンダさえいればいいというアレからか、目の死んだパンダがときどきいました。 その代表例。 あと、何度も、黒豆大福のポスターをパンダと見間違えました。 他に類似のものとしてはコレ。白と黒ならとにかくパンダです。